カメラの撮影モードについて。プロカメラマンはマニュアルモードしか使わないのか?

写真のハウツー

沖縄カメラマンのNphoto原田です。カメラ初心者講座の第2回目はカメラの撮影モードについてお話していきますが、皆さんは写真を撮るときどの撮影モードを使っていますか?

スポンサーリンク

撮影モードとは

マニュアル、絞り優先、シャッタスピード優先、プログラムオートとカメラには4つの撮影モードが備わっています。どれも写真を撮るための露出を操作するための機能です。写真撮影の基本である露出についてはこちらのカメラ初心者講座の初回を参考にしてください↓↓

どの撮影モードが良い悪いというわけではありません。

撮影内容に応じて撮りやすいモードを使い分けることが重要なのです。プロカメラマンだからマニュアルモードしか使わないということではなく、被写体や撮影内容に合わせて適切な撮影モードでスムーズに撮影しクライアントの希望にプロカメラマン応えていく必要があるのです。

ではカメラに備わっている4つの撮影モードについて進めていきましょう。

【M】マニュアルモード

マニュアルモードは絞りとシャッタースピードのどちらとも撮影者が操作して露出を決める撮影モードです。

絞りとシャッタースピードを任意で設定できるのでもっとも撮影者の意図を写真に表現できるモードになります。ただし、露出設定に手間取るとシャッターチャンスを逃してしまう可能性がありますので光を読み、撮影したい露出に操作する瞬発力が必要です。

はじめはマニュアルモードは難しく感じるかもしれませんが、露出補正(明るさの調整)がしやすいので慣れてくるとかなり操作しやすいモードになります。

【A】絞り優先モード

絞り優先モードは絞りを撮影者が操作して、シャッタースピードはカメラが±0になるように自動で露出を決める撮影モードです。

被写体のピントの合う範囲(被写界深度)や背景のボケの量をコントロールしたい時に有効な撮影モードです。シャッタースピードはカメラに任せることで撮影に集中することができます。

ただし、絞りのf値によってはシャッタースピードが上限に達する、または低速シャッターでブレることもあるので必ずしも狙った絞りで撮影できるわけではありません。

【S】シャッタースピード優先モード

シャッタースピード優先モードはシャッタースピードを撮影者が操作して、絞りはカメラが±0になるように自動で露出を決める撮影モードです。

シャッタースピードをコントロールしたい時に有効な撮影モードです。例えばスポーツや走り回る子どもペットなど動きの早いもの止めたい時におすすめです。絞りはカメラに任せることで撮影に集中することができます。

ただし、撮影環境やシャッタースピードによっては絞りが合わせられない場合があるので、その時はシャッタースピードやISO感度の設定を見直しましょう。

【P】プログラムオートモード

プログラムオートモードは絞りとシャッタースピードのどちらともカメラが自動操作して露出を決める撮影モードです。

押すだけで写真が撮れます。しかも適性露出です。気の向くままシャッターを押して写真を撮ることができます。街中スナップや今すぐ撮りたい時などシャッターチャンスを逃したくない撮影におすすめです。

プログラムオートで定めた適性露出のまま絞りやシャッタースピードを変更することもできます。これをプログラムシフトと言います。

さいごに

様々な撮影シーンに合わせて撮影モードを活用していきましょう。そのためにはいろんな撮影モードを普段から使って撮れるように練習しておくといいですね。

カメラ初心者さんにはまず写真を楽しんでもらいたいので【AUTO】や【プログラムオート】で撮影していきましょう。カメラの操作に慣れ「背景をボカしたい」「風景写真でピントを深く合わせたい」など欲が出てきたら【絞り優先モード】や【マニュアルモード】でイメージ通り撮影できるようにしていきましょう。

それではまた次の記事で会いましょう!

ちなみに僕は撮影モードはほぼマニュアルしか使いません。マニュアルに慣れると露出補正がスムーズにできるので非常にスピーディだからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました