ウィズコロナにおける沖縄ロケーションフォトの撮影について

お知らせ

沖縄カメラマンのNphoto原田です。2020年はコロナの年と言ってもいいほど全世界でコロナの影響を大きく受けた1年になっています。そこでロケーションフォト撮影のコロナ予防についてNphotoの対策をお話しします。

スポンサーリンク

ロケーションフォトにおけるマスク着用について

Nphotoのロケーションフォトではカメラマンはマスクを着用して撮影をおこないます。が、お客様とカメラマンとの間に距離がある場合はマスクを下にずらすことをご了承ください。飛沫感染が主な原因である以上、屋外であろうとマスク着用はコロナ対策として必須です。

カメラマンも熱中症対策

コロナ予防はもちろんのことですが、熱中症の対策もあわせてする必要があります。

カメラマンはお客様にリラックスしてもらえるよう積極的にコミュニケーションをとるため話しかけたり、撮影時に大きな声をだします。いろんな角度から撮ったり、より良い表情を写真にうつすためによく動きます。

ロケーションフォト撮影時にマスクをしていると呼吸がしにくく酸欠のような状態になります。そのため撮影中に距離がある場合はマスクをずらして呼吸をしやすくし、マスクの熱こもりをへらし、声も通りやすくなるのでカメラマンの熱中症対策にもなります。

マスクをずらすとカメラマンの表情もみえるためコミュニケーションとりやすくなります。

毎日の検温、こまめな手洗いとうがい、アルコール消毒

体温を毎日はかることで体調をチェックしています。こまめに手洗いとうがいをおこない、アルコール消毒をすることでコロナに限らず、風邪やインフルエンザの予防をしております。

マスク着用、手洗いうがい、アルコール消毒の3つをきちんとおこなうことで様々なウイルスからの予防になると考えております。

写真をとおして沖縄の思い出つくりをお手伝いしたい

せっかく沖縄へきていただいたのにホテルから出られない、観光施設やお店が開いていないなど、コロナ禍では仕方のない事態ではあります。管理されているビーチは遊泳、使用禁止されているところが多く、沖縄を楽しんでもらえない状況です。

Nphotoでは、地元の人たちやほかの観光客のみなさんのご迷惑にならいようにロケーションフォトを提案しております。

「沖縄にきたのにどこも開いてないから意味がない、来なければよかった…」

そんな悲しい思い出だけにしたくはありません。コロナで遊べなくとも沖縄の自然の美しさは色あせることはないのです。そんな沖縄のロケーションで写真撮影をして楽しいハッピーな思い出をのこしてもらいたいです!ぜひNphotoにお手伝いさせてください。下のリンクがウェブサイトになってますのでご覧ください。

→→ 沖縄の出張写真屋さんNphoto(エヌフォト)

アイキャッチ画像は2019年に撮影したお写真です。

お知らせ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
Nphoto原田信之

沖縄でロケーションフォトや商業写真を出張撮影しているNphoto(エヌフォト)原田信之です。趣味はスケボーとアニメ鑑賞。ウェブライターとしても活動中。お仕事ご依頼やお問い合わせはお気軽にどうぞ。

フォローして最新情報を受け取ろう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事をシェアしてみんなに教えよう!
フォローして最新情報を受け取ろう!
スポンサーリンク
エヌフォトのブログ(仮)

コメント

タイトルとURLをコピーしました